香典返し

香典返し

香典返しとは「故人に関する弔事が滞りなく終わりました」というご報告と
通夜や葬儀で故人にお供えいただいた金品(香典)へのお礼の意味を
かねたものとしてするお返しです。
故人のためにいただいたものへのお礼を気持ちよく受け取っていただけるように
マナーやおすすめのギフトをご紹介します!

熨斗(のし)の書き方

香典返しの熨斗

≪香典返し(弔事)で一般的に使用≫
水引…5本の結び切り
のし上…」「粗供養
のし下…喪主様の苗字

香典返しの熨斗(関西圏)

≪関西圏・キリスト教・神式で主に使用≫
水引…黄白の5本の結び切り
のし上…
関西圏の場合→「満中陰志
神式・キリスト教の場合→「偲び草」「偲草
のし下…喪主様の苗字

香典返しの相場

一般的に、いただいた香典の3分の1~半額くらいの品を選んでお返しします。
一家の働き手が亡くなった場合は、香典の3分の1程度でよいとされています。
また一人一人に香典の半額の品を選ぶのは、大変な労力となります。
そこでお礼の気持ちということで、いただいた金額に関係なく
何段階かに分けて一律に同じ品を選ぶことが多くなっています。
例えば、5,000円までの香典は2,000円の品を
10,000円までは5,000円というようにおよそ振り分ければよいでしょう。

香典返しを贈る時期

香典返しは「四十九日を過ぎた後」、つまり「忌が明けて」から贈ります。
当社では四十九日法要の当日に商品を送り、翌日から皆様のお手元に届くという形で
ご用意しております。
古くは喪主が直接持参し挨拶と共に贈るものでしたが
現在は挨拶状と共に配送するのが通例となっており
神式やキリスト教式でも仏式にならって
忌が明けた後に香典返しにあたる品を用意することがあるようです。
さらに最近では葬儀当日、会葬御礼の品とともに香典返しの品を贈り
自ら持ち帰っていただくことも増えてきました。
その場合は葬儀当日の返礼品を差し引いてお返しされるのが一般的です。

香典返しにおススメのギフト

銘茶・石鹸・タオル・寝装品など日常的に使える消耗品が 一般的です。
これは、お返しの品には後に残らないように使いきりのものを贈るという習慣からきています。
また、最近ではカタログギフトでの返礼品が多く利用されてます。
複数の 商品の中から先様が、お好きな商品を選ぶ事が出きる為、実用的なギフトともいえます。


カタログギフト チョイスコレクション

キミジマ タオルセット

アロマフレグランスセット
カタログギフト
チョイスコレクション
各コース
キミジマ タオルセット
5,000円(税抜)
申込番号:5037-04
アロマフレグランスセット
5,000円(税抜)
申込番号:5161-04

充実のギフトサービス

包装・熨斗も無料です 【香典返し】挨拶状 年末欠礼ハガキ・喪中ハガキ 写真入りメッセージカード FAX・郵送用の注文用紙ダウンロード エクセル注文用紙ダウンロード

利用のご案内

誠に勝手ながら当ページからのお申し込みはお買い上げ合計5万円以上の方のみとさせていただきます。(大幅割引&送料等の低条件維持の為)
合計5万円以下のお客様は楽天市場のギフトプラザ フレンドをご利用頂きますようお願い申し上げます。

2500円以上で送料無料
ページ上部へ戻る